スイーツコンシェルジュの資格認定・スイーツコンシェルジュ検定や各種講座を実施する「日本スイーツ協会」

3/9(土)「スイーツ撮影ワークショップ」開催! 会員先行申し込み方法のご案内

3/9(土)「スイーツ撮影ワークショップ」開催! 会員先行申し込み方法のご案内

2024/02/06

 

 

 

スイーツ写真は、カメラや照明、スタイリングではなく、
「光と構図」の理解で格段に変わります!

 

これまで、会員の皆様から会報誌やWeb上で、スイーツ愛に溢れた写真を多数共有していただきました。しかし、スイーツをそのおいしさ溢れる姿で捉えるのは、思った以上に難しいものです。いろいろな写真を拝見したなかで気付いたことは、カメラの種類や照明、スタイリング、写真の加工よりも前に、「光の使い方」と「写真の構成」への理解が非常に重要なのではないか、ということです。これらの基本的な知識は、どのようなツールを使うかに関わらず、印象深い写真を創り出す上での根幹をなすものであると考えます。

 

このワークショップの目標は、使用する撮影機材(スマートフォンや一眼レフカメラ)や撮影モード(フルオートモード含む)に関わらず、照明やスタイリングの準備がなくても、魅力的な写真を撮れるようになることです。

 

カフェシーンや自然光を活用した撮影に最適な会場で、光の使い方や構図・画角の工夫を実践的に学ぶことで、参加者の皆様の写真撮影技術の大幅な向上を目指します。

 

さらに、スタイリングの課題を簡単に解決できる、バックボードを使用した撮影をデモンストレーションで披露。家庭でもプロフェッショナルなルックを実現できることを体験できます。

 

講師は、日本スイーツ協会の会報誌の表紙でお馴染みの伊藤駿さん。このワークショップを通じて、どんな状況下でも魅力的なスイーツ写真を撮影するための基本を身につけましょう。

 

なお、会員先行申し込み受付は、日本スイーツ協会公式STOREにて2024/02/17 10:00から開始します。(サイトはこちら)

 

 

 

[開催概要]

 

スイーツ撮影ワークショップ ①カフェ・自然光撮影徹底攻略編

 

開催日時: 2024/3/9(土)13時30分~15時10分(100分) ※受付は13:20から。
会  場: 東京都世田谷区奥沢2-18-1 KURASUビル2階(東急大井町線 緑が丘駅 徒歩5分)
料  金: 6,000円(スイーツ・ドリンク代込)

 

**スイーツコンシェルジュ会員先行申し込み期間**
2024/02/17 10:00 〜 2024/02/29 23:59
申し込み方法……日本スイーツ協会公式STOREよりお申し込みください。(サイトはこちら)

 

※会員先行申し込みは、スイーツコンシェルジュ会員のみを対象としており、ジュニア会員、退会者は対象外となります。
※表示価格の他、決済手数料がかかります(お支払方法により異なります)。予めご了承ください。
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
※参加者の方には後日当日案内をメールします。

 

**一般販売について**
※一般販売は価格が異なります。
※一般販売は2024.3.1(金)12:00~を予定しておりますが、会員先行販売にて完売した場合は一般販売はございません。予めご了承ください。

 

■講師プロフィール
伊藤 駿(いとうしゅん)さん

 

2013年からフリーの動画クリエイターとして活動。2015年アクアイグニス入社、広報担当として独学で写真を始める。2018年アーシュ・ツジグチ入社、辻口博啓がオーナーシェフを務めるパティスリー「モンサンクレール」をはじめとするグループ各店の撮影とSNS運用を担当。日本スイーツ協会会報誌「Sweets Community」の表紙をはじめ撮影多数。
ソニープロサポート会員 /一般社団法人FPA日本フードフォトグラファー協会正会員

 

 

 

フォトグラファーの伊藤さんが撮影した協会会報誌の表紙。

 

 

 

■ワークショップ内容
このワークショップでは、和菓子や焼き菓子を撮影しながら光の使い方と構図を学び、さらに、家庭での撮影でよくある問題をバックボードを使って簡単に解決するコツをご紹介します。撮影した後は、そのスイーツを参加者で味わいます。

 

[設定などについて]
・ホワイトバランスの基本(白が白に見えるように)
・加工を見越した写真データとは(白飛び黒潰れについて)

 

[光を読みコントロールするスキル]
・光の読み方(光の向きと影の硬さ濃さ長さ、シズル感を出すコツ、反射を抑えるコツ)
※ディフューザーの効果、レフの種類と効果、被写体を浮き立たせる明暗差について。

 

[画を作り込むスキル]
・構図と画角(主題の決定、構える角度と構図の基本、縦か横か、水平と垂直、焦点距離の違い)
※背景の整理、スイーツとお皿の位置などのスタイリング、三脚=カメラを固定するメリットについて。

 

[バックボードを使った撮影]
・家庭などでの撮影時に直面する生活感や統一感の欠如という問題。それらを解決するために、バックボードを活用した撮影をデモンストレーションでご紹介します。2024年度の更新カード用の写真を撮影し、撮影終了後、参加者でいただきます。

 

[被写体(撮影後にいただきます)]
和菓子/焼き菓子/2024年度の更新カード用のスイーツ

 

[持参物]
[必須]・カメラ(スマートフォン、一眼、コンパクトデジカメなど何でもOK)
[任意]・皿(普段使っているお皿)/三脚/メモ帳/ペン