スイーツコンシェルジュの資格認定・スイーツコンシェルジュ検定や各種講座を実施する「日本スイーツ協会」

京の秋を楽しむ!伊藤久右衛門で初の“抹茶×栗フェア”を開催    限定抹茶モンブランパフェ&SNS映え必至のモンブランが登場

京の秋を楽しむ!伊藤久右衛門で初の“抹茶×栗フェア”を開催   限定抹茶モンブランパフェ&SNS映え必至のモンブランが登場

2018/09/11

江戸後期創業の京都宇治茶の老舗、伊藤久右衛門が、栗の季節に合わせ、同社として初の栗を題材にしたパフェやカップケーキを楽しむことができる“抹茶×栗フェア2018”を2018年8月27日(月)から開催します。

イートイン限定の新作“抹茶モンブランパフェ”やお持ち帰り&お取り寄せ限定の抹茶モンブランが登場します。

特設サイト: https://www.itohkyuemon.co.jp/site/marron/index.html

 

伊藤久右衛門 抹茶×栗フェア2018

 

■新作“抹茶モンブランパフェ”が登場

https://www.atpress.ne.jp/releases/164321/img_164321_2.jpg

梅雨の季節にSNSで話題となった『紫陽花パフェ』に続き、新作の季節限定パフェが登場します! 

『抹茶モンブランパフェ』は、抹茶アイスと渋皮栗アイスを使用。薄いクッキー生地をくだいたロイヤルティーヌが食感をプラスし、和栗の余韻を残しつつ、抹茶の味を堪能できる限定パフェです。栗と抹茶の調和をおたのしみください。

(提供期間:8月27日~完売次第終了、価格:税込み1,280円)※イートイン限定

 

 

■お持ち帰り&お取り寄せ抹茶モンブラン

https://www.atpress.ne.jp/releases/164321/img_164321_3.jpg

https://www.atpress.ne.jp/releases/164321/img_164321_4.jpg

初開催の“抹茶×栗フェア”に向けて、同店のグランシェフ吉本が新作“宇治抹茶ヴェリーヌモンブラン”を考案! 

抹茶クリームとマロンクリーム、2種類の味が楽しめます。

(9月12日~販売開始、価格:税込み594円)※宇治本店テイクアウト限定

 

またオンラインショップでは、緑色が鮮やかなホールタイプの宇治抹茶モンブランを販売。芸術的な創作和スイーツはSNS映えすること間違いなしです!

 

 

■取り扱い店舗情報

【本店・茶房】

所在地 : 京都府宇治市莵道荒槙19-3

営業時間: 10:00~18:30(ラストオーダー18:00)

アクセス: 京阪宇治駅より徒歩5分、JR宇治駅より徒歩15分

定休日 : 元旦のみ

URL   : https://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/shop/uji/

 

【JR宇治駅前店】

所在地 : 京都府宇治市宇治宇文字16−1

営業時間: 10:30~18:30(ラストオーダー18:00)

アクセス: JR宇治駅より徒歩1分、京阪宇治駅より徒歩10分

定休日 : 元旦のみ

URL   : https://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/shop/jruji/

※一部、取扱商品が異なります。詳しくはお問い合わせください。

 

【WEBサイト】

https://www.itohkyuemon.co.jp/site/index.html

※一部、取扱商品が異なります。詳しくはお問い合わせください。

 

 

■伊藤久右衛門のあゆみ

江戸後期・天保3年、初代伊藤常右衛門(いとうつねえもん)・瀧蔵が田原村 名村(現宇治田原 南)にて茶業を携わったのがはじまりです。

その後二代目伊藤常右衛門・久三郎、三代目伊藤常右衛門・由松、四代目伊藤多吉と代々茶づくりを継承しました。

昭和27年、五代目伊藤久三が宇治田原から宇治の地へとうつり、宇治蓮華(現平等院表参道)で宇治茶販売の店舗を構えました。

同年、会社設立にあたり、代々受け継いだ伊藤常右衛門の名を拝し、伊藤久三自身の名にある「久」の一文字をとって、社名を「株式会社伊藤久右衛門」としました。

創業の地である宇治田原では、現在も伊藤家に代々受け継がれる茶園で茶づくりを続けています。